【豊臣秀頼】豊臣秀吉の子ではなかったの!?そして大坂城では死んでいなかった?

天下人・豊臣秀吉(とよとみひでよしさんの子・豊臣秀頼(とよとみひでよりくん。

秀吉さん亡き後、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康(とくがわいえやすさんが江戸幕府を開きます。

豊臣家vs徳川家の関係がどんどん悪化、江戸幕府が開かれて12年後、ついに戦国最後の大戦「大阪の陣」が開戦してしまいました。

秀頼くんの運命はいかに!

それではまいりましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

そもそも秀頼は秀吉の子ではない?

1593年、豊臣秀吉さん57歳の時に大阪城で誕生しました。幼名は(ひろい

秀頼くんの兄は(すて。これは「捨て子は育つ」という迷信から名付けられます。

しかし、「捨」は3歳で亡くなってしまいます。そのため、秀頼くんは「拾」と名付けられたのです。

しかし、秀頼くんは秀吉さんの子ではないという噂があります。

秀吉さんには正室の他に、20数人の側室がいました。しかし子供が1人も生まれていないのです。昔に男児が1人いたとされますがが幼くして亡くなっているとか。

そんな中、30歳も歳が離れた側室・淀殿(よどどのとの間に子供が2人も連続してお生まれになるのです。しかも、秀吉さんは50歳を過ぎているのにです。

淀殿とは、織田信長(おだのぶながさんの妹の子なんですが、淀殿の父と兄は秀吉さんに殺されてしまっています。にも関わらず、秀吉さんの側室になって跡継ぎを生んじゃってます。ちょっと奇妙ですよね。

実は淀殿は、「日本三大悪女」というものに数えられているお方なんですね。これはもう確実に豊臣家のっとりを計画してますね。真実は不明なんですが。

「秀頼くんの父は誰か?」ということになりますが、淀殿の育ての親は大蔵卿局(おおくらきょうのつぼねというお方なんですが、局の子に大野治長おおのはるながさんという武将がいます。大阪の陣で最後まで淀殿や秀頼くんの傍にいたお方です。

治長さんと淀殿は幼い頃より兄妹のように育てられました。

捨くんや秀頼くんの父は、本当はこのお方ではないかと当時から噂されていたのです。

徳川家康と険悪になっていく秀頼!

豊臣秀吉さん亡き後、徳川家康さんが台頭し出します。

関ヶ原の戦いが開戦しますが、これは豊臣vs徳川ではなく、まだまだ天下は豊臣家のもので、只の内部抗争に過ぎないのです。

両軍どちらも「秀頼様のため!」として戦っています。

家康さんが勝利すると、江戸に幕府を開きます。

しかしまだまだ豊臣家の方が立場は上。

しかしどんどんお互いの関係は悪化していきます。

豊臣家はいずれ政権は渡されるものと思っていましたが、家康さんは将軍職を自分の子に継がせてしまいます。

この意味は、今後も政権は徳川家が仕切るということを明確にした行為なのです。これには豊臣家も不満でたまりません。淀殿ぷんぷんです。

その後も、家康さんは秀頼くんと会見しようとしますが、これは世に「豊臣は徳川の家臣になった」と思わせてしまうので絶対に行きません。

徳川2代将軍・徳川秀忠(ひでたださんの娘と秀頼くんが結婚します。これは昔から決められていたことでした。

「妻の叔父と会う」という名目上で、秀頼くんは家康さんとついに会見を決めます。

秀頼くんは、なんと身長197㎝体重161㎏であったとされていて、家康さんは秀頼くんのあまりの風格に恐れてしまい、「豊臣家は滅ぼさなければならない」とこのときに決断したと言われています。

さすがにこの数値は盛っている気がしますね。現在でもかなりの大きさになるのに、平均身長が今より低い当時にしてみたら化け物級ですね。もう秀頼くんとは呼べないですね。

秀吉さんが小柄な方だったので、尚更、血が繋がっていない説が真実味を増しますね。

そして秀頼さん22歳、豊臣vs徳川の「大阪の陣」が勃発してしまうのです。

大坂の陣で生き延びていた?

大坂城には、14年前の関ケ原の戦いで負けて領地を没収された浪人たちが集まってきます。もう一度、再興を願って。その中にはあの有名な真田幸村(さなだゆきむらさんの姿もあります。

幸村さんの大活躍で「大坂・冬の陣」は豊臣方の勝利となります。

幸村さんはこの戦いで戦国最強の武将へと名を上げます。それ以前は誰も知りませんでした。「真田家の次男」くらいです。

家康さんは「和睦しましょう」と言ってくるんですね。

秀頼さんは「いいよ!」と言うんですが、これは家康さんの作戦。

大坂城の外堀を埋めるのが和睦の条件。お城は裸同然。

数ヶ月後、家康さんはまたまた攻めて来ちゃいました。

豊臣方は「家康は歳だからもう長くないだろう」と思っていたんですね。あまかった。

「大坂・夏の陣」でついに豊臣家は滅んでしまったのです。

秀頼さんも淀殿も、自ら命を絶つのです。秀頼さん23歳でした。

歴史ではよくある、実は生き延びていた説がやっぱりありました。

薩摩(鹿児島県)に生き延びていて、「島原の乱」を起こした天草四郎(あまくさしろうさんの父だったなんてお話もあるのです。薩摩には秀頼さんのお墓もあるのです。

もし秀頼が大坂の陣で勝っていたら⁉︎

豊臣家の天下再来でしょう。

徳川家の天下が10数年で終わってしまうのです。

現実の徳川の天下260年が大幅に激減です。

数年後には徳川に変わる新しい勢力が現れたりするんでしょうか。

しかし260年後にはやっぱり黒船がやってきて明治時代到来なんです。

と言うことはどのような道を辿っても明治は来るってことですね。

首都だけが変わって。

まとめ

近年の大坂城の発掘調査で、1人の頭の骨と、2人の体の骨が見つかっています。

頭の骨は、体格や年齢から秀頼さんのものだろうと言われています。

「骨は語る」ではないですが、当時のものが見つかり真実が明るみにされてドキドキします。

けれど生存説に思いを馳せてもドキドキしてしまいます。

これが歴史の醍醐味なんですよね。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする