【彰義隊】新撰組組長・原田左之助が命を落とした組織?1日で終わった上野戦争!

今回は、幕末最後の戦いでもある、旧幕府軍vs新政府軍の「戊辰(ぼしん戦争」の最中に発足された「彰義隊(しょうぎたい」について紹介していきます。

彰義隊の名前は、新選組十番隊組長でもある原田左之助(はらださのすけが、新選組を脱退したのちに加入した隊ということで聞いたこともあるのではないでしょうか。

それでは、「彰義隊」がどういう経緯で発足され、旧幕府軍にとってどういう存在だったのかを見ていきましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

「 江戸市中取締」は名目上?

江戸幕府15代将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶは政権を朝廷に返す「大政奉還(たいせいほうかん」をし、戦争は回避されてように思えましたが、その2か月後、薩摩藩などから「王政復古(おうせいふっこの大号令」が発せられます。
将軍職の辞職や幕府廃止などなど、簡単には、幕府を廃止して新体制樹立ってことですね。

やはりこれには、旧幕府軍も黙っていないですよね、「鳥羽・伏見(とば・ふしみの戦い」を皮切りに「戊辰戦争」が始まるのです。

彰義隊発足!

京都での鳥羽・伏見の戦いで敗れた徳川慶喜と旧幕府軍は江戸へと敗走します。

徳川慶喜は既に、新政府に対して恭順を示していて、江戸城から出て上野の寛永寺(かんえいじ蟄居(ちっきょしました。閉じこもってしまったのです。

このことに不満を持っていた幕臣たちは会合を何度も行い、次第に参加するものが増え続け、ついには「大義を(あきらかにする」という意味も込められ「彰義隊」が発足されたのです。
※最初の写真の「将棋」は「彰義隊」に関係ないです。「しょうぎ」に乗っかりました。

頭取(とうどりには、将軍になる前から徳川慶喜に仕えていた幕臣・「渋沢成一郎(しぶさわせいいちろう」。

このお方の2歳年下の従弟は、「日本資本主義の父」と呼ばれ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)やキリンビールなどなど500以上の企業の設立に関わった「渋沢栄一(しぶさわえいいち」さんなんです。

成一朗さんが彰義隊を発足している時、栄一さんはフランスのパリにおりました。

彰義隊副頭取は「天野八郎(あまのはちろう」というお方。

「男なら決して横にそれず、ただ前進あるのみ!」と言うほどの真っ直ぐな好戦的なお方。

将棋の駒の「香車」を好んでいたといいます。

※写真の「将棋」もあながち間違っていなかった?(笑)

旧幕府は戦争回避したかった?

無血開城(むけつかいじょう」という、江戸城を戦いをせずに明け渡すことに尽力していた旧幕府にとって、彰義隊の存在が新政府に対して誤解を招くことを恐れ、彰義隊を「江戸市中取締(えどしちゅうとりしまり」に任じました。

軍組織ではなく、あくまで江戸の治安を守る為ですよって事で。

「無血開城」を成功させた幕臣・勝海舟(かつかいしゅうさんは武力衝突を懸念して彰義隊解散を促しますが、既に隊士は3000~4000人にまで膨れ上がっていました。

勝海舟さんは坂本龍馬(さかもとりょうまさんの師匠でも有名ですね。

戦争回避をしたかった勝さんの願いも空しく、戊辰戦争は宇都宮、会津、そして函館へと続いていってしまったのです。

最後の函館戦争まで戦った新選組副長・土方歳三(ひじかたとしぞうさんは函館の地で亡くなりましたね。

【江戸城無血開城】100万人の命を守った、西郷隆盛と勝海舟!

徳川最後の将軍【徳川慶喜】は将軍になりたくなかったの!?

盟友・近藤勇の死により、【土方歳三】の生き方が変わる!

 上野戦争は1日で終わった?

徳川慶喜が江戸を退去し水戸へ移ると、彰義隊頭取・渋沢成一朗も江戸からの撤退を主張しますが、武闘派であった副頭取・天野八郎と意見が対立してしまいます。

なんと、天野派の隊士が頭取であった渋沢さんを暗殺しようとまでしました。天野さん、かなりの武闘派ですね。

渋沢さんは頭取でありながら、彰義隊を脱退します。

天野さんが彰義隊を引きいていくこととなりました。

彰義隊の暴走?上野戦争勃発!

関東各地では、旧幕府兵士が幕府復興を名目に放火や強盗を起こし、江戸では彰義隊が新政府軍兵士に集団暴行殺害が起こり荒れまくっていました。

勝海舟さんら旧幕府首脳は彰義隊に向けて解散通告を行いますが、「戦いもせず江戸開城をした裏切り者」とし、言う事を聞きません。

江戸は半ば無法地帯状態です。彰義隊自身が江戸の治安を乱しちゃってます。

明治新政府は、関東の騒乱の原因を彰義隊の存在と考え、討伐を決定します。

その統率者を、明治維新に尽力した10人「維新の十傑」の1人でもある「大村益次郎(おおむらますじろう」が請け負います。

 戦闘10時間!!

上野の寛永寺に立てこもる彰義隊と、大村さん率いる新政府軍に戦い「上野戦争」は午前7時に開戦となりました。

大村さんの作戦配置を見て、西郷隆盛(さいごうたかもり「皆殺しになさる気ですか?」と言ったといいます。
どのような作戦をたてたのかなんとなく想像つくセリフです。

そして、アームストロング砲を使うなどし、午後5時頃には戦闘は終結、わずか1日の戦いで彰義隊はほぼ全滅してしまったのです。

元彰義隊頭取の渋沢さんは新たに「振武軍(しんぶぐん」という隊を作り、彰義隊の援護に向かおうとしますが時既に遅かったのです。

自分を暗殺しようとまでした彰義隊の援護をするとは、どういう思いがあったのでしょう。

その後、敗戦兵の一部を引き連れていますから、自分の軍の増員の為だったかもしれませんね。悲しいですが。

彰義隊では新政府軍に勝てないと睨んでいたのかもしれません。

敗戦後の彰義隊は?

敗戦した彰義隊の残党は、新たな軍に入りこの先の東北、函館戦争に参加しているものもいます。

天野八郎さんは投獄されその数ヶ月後に亡くなっております

新政府がとった彰義隊への処遇は、旧幕府軍の中で最も厳しかったとされています。

上野戦争で亡くなった彰義隊の供養を認めてもらえず、しばらくほったらかし状態、お墓を建てることが許されたのは戦争から7年後だったのです。

新撰組・原田左之助参戦!

元新選組十番隊組長・原田左之助が彰義隊に参戦し、上野戦争で戦ったことは有名ですね。
しかし、その傷がもとで2日後に29歳の若さで亡くなってしまいました

左之助さんは新撰組を脱退し、元新選組二番隊組長・永倉新八と「靖兵隊」を作りますが、妻子に会うためとそれも離脱します。

しかし、京都の妻子のもとには現れず、江戸の彰義隊に参加しましたが、生き残ってしまうと処罰が厳しく家族にも迷惑がかかるということであえて戦死した事にした説もあります。

事実、彰義隊の名簿には入隊も遅かったせいか、左之助さんの名前はないのです。

そのまま生き残り、海を渡り満州で馬賊になったという説もありますね。

【恋愛模様】新選組原田左之助の妻との悲しい別れ!そして生存説も!?

まとめ

新撰組好きであれば、1度は聞いたことがあるでしょう「彰義隊」を今回は紹介しました。

新撰組にはなんら関係ないんですが、原田左之助さんのプロフィールを辿ると必ず出てくる名前でありますからね。

将軍警護の名目で発足されながら、旧幕府の戦争を回避したい面々と意見の相違でだんだんと煙たがれる存在になっていってしまいます。

しかし、新政府に対し一泡吹かせたい好戦派の人々からは人気があり、隊士はどんどん膨れ上がっていくのです。

しかし、その急激な隊士の増加に自分たちは強くなったと勘違いしてしまい、上野戦争では1日で敗戦してしまうという悲劇に見舞われてしまいました。

天野八郎さんが40人を連れて、「いざ一戦!」と叫び、後ろを見ると誰もいなかったというお話もあります。

数ではなく、質ということですかね。

【昨日の敵は今日の友?】薩摩藩の動向で長州藩と会津藩の行く末が変わる!?

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする