【源頼朝】鎌倉幕府を開いたのは、実は平氏の陰謀だった?

「源」姓の人たちは多過ぎてごちゃごちゃになりますよね、「平」姓も多いですが。

源頼朝(みなもとのよりともさんはとっても有名「いい国つくろう鎌倉幕府」のお方ですよね。

このフレーズは日本中の皆さんがご存知ですね。

ということで今回は、源頼朝さんについて紹介していきます。

どのようにして鎌倉幕府が出来たのか?

頼朝さんと奥さんとの恐い夫婦関係とは?

頼朝さんの死因の謎は?

などなど…。

それではまいりましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

源頼朝、鎌倉幕府が出来るまでのプロフィール

1147年尾張国(おわりのくに(愛知県)で、源氏の棟梁・源義朝(みなもとのよしともさんの子として生まれます。

13歳頃平治(へいじの乱が起こりました。

源氏は敗れ義朝さんは敗走、家臣の親のもとに身を寄せますが、平氏からの恩賞目当てで裏切りに遭い義朝さんは入浴中に襲撃されてしまったのです。

頼朝さんは義朝さんとはぐれたところを平氏に捕らえられます。

そして、平氏の棟梁・平清盛(たいらのきよもりさんに伊豆に流刑にされてしまいました。

本当は死刑になるところを清盛さんの継母に助けてもらっています。

その理由は、幼くして亡くなった我が子に頼朝さんが似ていたから。それは確かに止めますね。母性ですね。

そして、20年の流人生活が始まりました。

この生活中に、頼朝さんの監視役だった北条時政(ほうじょうときまささんの娘・政子(まさこさんと結婚しました。恋事情までは監視出来なかったのですね。

33歳頃「平氏にあらずんば人にあらず」と言ってしまうほど、ライバルであった平氏は調子づいていました。

そこで天皇の子・以仁王(もちひとおうが平氏に不満を持つ全国の源氏に「平氏討伐」の命を出しました。子って言っても30歳くらいなんですが。

頼朝さんも「待ってました!」と立ち上がります。

頼朝さんの弟・源義経(みなもとのよしつねさんも立ち上がります。義経さんとは五条大橋の牛若丸(うしわかまる弁慶(べんけいの物語のあの義経さんです。

38歳頃、義経さんとその仲間たちの大活躍により、平氏を滅亡させました。

しかし、義経さんは勝手に朝廷から褒美をもらったため、頼朝さんは怒ってしまいます。

奥州(岩手県)に逃げた義経さんを、頼朝さんは弟にも関わらず自害に追い込んでしまいます。兄弟喧嘩の域を越えちゃってます。

そしてついに、1192年「いい国つくろう鎌倉幕府」が成立したのです。

近年、1185年の「平氏滅亡」の時期からが鎌倉幕府誕生ではないかとする説が浮上しました。

実は、「幕府」という言葉は江戸時代中期くらいから使われている言葉なので誕生時期は結構曖昧なんですね。

「いい国つくろう」の覚え方は変えたくないですよね。いい語呂合わせです。

源頼朝さんとはどんなお方?

容姿は、年齢よりも大人びていて美しいとされていますね。イケメンだったんです。身長も165㎝くらいとされ、当時では高長身だったんです。

全く団結力のない武士たちを一つにまとめ上げるほどの力量の持ち主。

武士のリーダーたちを自分の自室に1人ずつ招き、「頼りにしているのはお前だけだ!」といい、全員を奮起させていたのです。かなりのやり手です。

朝廷から政治の実権を奪い、江戸幕府が終わるまでの680年間の武士が政治を行う「幕府」というものを作った創始者。この業績はとても評価されております。

逆に、自ら兵を率いることが少く、しかも同族兄弟殺しが多いこともあり「冷酷な政治家」という評価もあります。クールなイメージがありますよね。

政子さんと結婚する前の頼朝さん21歳頃、恋仲となった女性がいました。

男児まで授かったのですが、平氏にばれるのを恐れた女性の父が、その子を殺してしまったのです。

さらに父は娘を別の男性のもとに嫁がせてしまいました。頼朝さんのクールな性格はこの出来事が原因なのかもしれませんね。

妻の政子はちょっと恐いお方?

頼朝さんの妻の政子さんは結構な鬼嫁イメージがあります。

頼朝さんが亡くなったあと、頼朝さんの子供たちに将軍を継がせますが、自らも政治の実権を握るようになります。女性ながら政治を行っていたんです。

銀閣寺を建てた足利義政(あしかがよしまささんの妻・日野富子(ひのとみこさん、豊臣秀吉(とよとみひでよしさんの妻・淀殿(よどどのに並ぶ「悪女」という評価もあります。「悪女」とはちょっといやな評価…。

ちょっと怖い話を1つ。

政子さんが妊娠中に頼朝さんは別の女性と会っていました。

しかし政子さんはそれに気付くと、その女性の家を壊してしまうのです嫉妬がやばい。やばいってもんじゃないですね。

当時は、沢山の子孫を残すために一夫多妻は普通でした。しかも頼朝さんは将軍であります。跡取りは大事であります。

ということで頼朝さんは隠れるようにして他の女性と会っていたらしいですね。
頼朝さんも可哀そうですが、怒られてでも女性たちに会いに行きたい頼朝さん。この方クールなのかな?

頼朝の死因の謎?

頼朝さんは53歳の時に亡くなりますが、その原因には不明なことが多いんです。

①落馬説。これが一番有名ですね。

➁溺死説。橋の上から落馬して川に落ちた。

③糖尿病説。水を欲していたり、視力が低下していた。糖尿病からの合併症?

④そして、暗殺説もあります。
少しずつ毒を盛られ続けていて、落馬も毒が影響していたのではないか?
実際、落馬後17日経ってから亡くなっています。落馬が直接の原因ではなかった。

頼朝さんの子供の鎌倉幕府2代、3代将軍も暗殺で亡くなっています

その黒幕は、政子さんの父・北条時政さんとされているのです。

北条家はもともと「平氏の本家」。

京都で権力を持っていた平清盛一族は「平氏の分家」。

本家が権力を持つために頼朝さんに味方したのではないかと言われています。

ということは「源平合戦」は「平平合戦」だったということになりますね。

そして、鎌倉幕府が開かれたら源氏は用済みになってしまったってことです。怖い話です。

まとめ

「源頼朝」と「鎌倉幕府」、みんな知ってるとても有名なことですが、さらに深くまで掘り下げてみると、面白い事実がどんどん出てきますね。

「いい国つくろう」なんて言っちゃってますから、とてもいい時代なのかと思いきや、将軍が全員暗殺とは結構どろどろしてる時代でした。

「いい国つくろう」ですから願望ってことですかね。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする