【ジャンヌダルク】フランスを助け、フランスに殺された少女!

女性でありながら戦いの前線に立ち、敗戦して失意のどん底にいた兵士たちを鼓舞し勝利へと導いていく――。

しかし、最後には敵国に捕まり、王からは裏切られ、若くして処刑されてしまった悲劇の人生。

天使の声を聴き、その実現に奮闘するジャンヌ・ダルクが思い描いていたものとは?

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

天使の声を聴いた少女

イングランドフランスは、王位継承問題で長い間争い続けていました。

イングランドの猛攻撃にフランスは成す術がなく、敗戦を積み重ねるばかり、後に「百年戦争」と呼ばれるこの戦いで、フランスは壊滅的状況に立たされていたのです。

そんな折、フランスのとある村で1人の少女が誕生しました。

「ジャンヌ」と名付けられたその少女が12歳の時、人生を変えるような出来事が起こるのです。

1人歩いていると、目の前に天使と2人の聖人が姿を現しました。

「お前は神に選ばれた!この国を守り、王子を王位に就かせよ!」

天使たちのあまりの美しさに、ジャンヌはその場に泣き崩れたのです。

4年後の16歳の時ジャンヌは王子・シャルル7世への面会を願い出ます。

もちろん許可はそう簡単に下りる分けもないのですが、ある戦いのフランス敗北をジャンヌは見事予言してみせ、王子面会の許可を得たのでした。

シャルル7世はジャンヌが「真の神の使い」であるのかを試す行動に出ます。

自身の席に他の者を座らせ、自分は家臣の中に紛れ込み、その状況を見ることにしたのです。

しかし、シャルル7世の予想とは反し、ジャンヌは見事に嘘を見破って見せました。

「王子様!私は神の導きのままこの地に来ました。あなたを王位に就かせることを約束致します。私に軍勢を与えて下さい!」

シャルル7世にとってジャンヌを疑う理由など何も無かったのです。

ジャンヌが変えたフランスの未来!

ジャンヌが戦争に参加してからは瞬く間にフランス軍の攻勢となっていきます。

ジャンヌの参加に批判的だった指揮官たちも、ジャンヌが前線で指揮する姿や、傷ついても立ち上がる精神力に次第に惹かれていくようになっていったのです。

フランス軍の消極的だった作戦も一新し、連戦連勝を重ねていきました。

そして、ジャンヌが指揮をしてからたった4ヶ月後、シャルル7世は念願の王位に就くことが出来たのです。

しかし、シャルル7世が王位に就いてからというもの、ジャンヌ率いるフランス軍に陰りが見え始めてくるのです。

シャルル7世は王位に就き、目的が達成されたことによりジャンヌを必要ないものとみなしていたのかもしれません…。

そしてついにその日が訪れてしまいます――。

戦争に参加して1年余り、ジャンヌは敵国に捕まってしまったのです。

ジャンヌ、最後の時!

イングランド軍に援軍が駆け付け、ジャンヌ率いるフランス軍は撤退を余儀なくされます。

兵士たちを無事に逃がすため、ジャンヌは自らしんがりとなり敵と戦い続けました。

しかしそれも長くは続かず、最後には敵に囲まれ、矢を受け落馬、そして捕まってしまったのです。

「シャルル7世は身代金を払い、ジャンヌを救うことが出来ました。

しかし彼はそれをしませんでした。」

そして、ジャンヌはイングランドの無慈悲な裁判にかけられ、19歳の時、「火刑」を宣告されたのです。

ジャンヌの登場により、フランスは劣勢だった「百年戦争」を逆転させ、イングランドを撤退させることに成功しました。

しかし、フランスを助けたジャンヌでしたが、フランスに殺されてしまうという最悪の形になってしまったのです。

戦争終結後、ジャンヌの復権裁判が開かれ「無罪」を宣告されます。

子供の頃に出会った天使と共に現れた聖人と同じく、ジャンヌも「1人の聖人」として数えられるようになったのです。

まとめ

「神のお告げを聞いた。」などという、いかにも空想のような話さえも信じた当時のフランス軍は、そこまで壊滅的な状況だったというのを実にものがたっています。

ジャンヌにしてもただの村の少女にすぎない。

天使が現れたというだけで、10代の若い少女が自ら危険を犯し、戦争へと赴くだろうか?

「天使が本物かどうか」「ジャンヌの言葉が本物かどうか」、これらを信じたことによるジャンヌとフランス軍の想いが勝利へと導いて行ったのだと思う。

お告げの通り、シャルル7世を王位に就かせる事に成功したジャンヌ。

これによりジャンヌの役目は終わったのかもしれない。

それならば、ジャンヌが天使に会いお告げを聞いたのは本当のことであった可能性がある。

事実、お告げは王位継承までであり、そして真実となったのだから。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする