【暗殺説】武田信玄の死は戦国時代に大波乱!

武田信玄(たけだしんげんさんはみなさんご存知ですよね?

あの有名な「しずかなること林の如く、動かざること山の如し」「風林火山」の旗を掲げて、ライバル上杉謙信(うえすぎけんしんさんと戦った戦国時代の武将です。

いかつい鬼瓦と襟足ふぁっさーの兜を被り、顔は赤黒く鬼の形相で描かれるようなお方。まさしく鬼!

ちなみに上杉謙信さんは白馬に乗って、全身白のイメージで王子様のような優男。明らかに対象的なお二人。

今思うと、みんな信玄さんに喧嘩売ってますよね。

そんな百戦錬磨の武田信玄さんの「死因」について紹介していきます。

信玄さんは徳川家滅亡直前まで追い込んでいたのです。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

 武田信玄さんを簡単に紹介!

1521年甲斐国(かいのくに(山梨県)で生まれます。

父の世代で武田家は戦国大名となり、甲斐国の統一を成した。

信玄さんはそれを受け継ぎ、今度は領土拡大を目指していきます。
その過程で、隣国・信濃(長野県)の領土をめぐって、王子・上杉謙信と川中島(かわなかじまの戦い」で5度にも渡り戦いを繰り広げられます。
これが「武田vs上杉」の有名なやつですね。

信玄さんは遺言で、「もし困ることがあれば謙信を頼れ!」と息子に言っていますから、この2人の関係性は一目瞭然ですね。ライバルであり、無二の親友であり、鬼と王子であるのです。
日本のジャンヌダルク!戦国武将上杉謙信は【女性】だった!?

信玄さんはもともと持病もちだったらしく、徳川家康(とくがわいえやすを打ち滅ぼすあと一歩のところで病気で亡くなってしまうのです。

家康唯一の敗戦は信玄さん唯一人。この出来事で、江戸時代の信玄人気は絶大で、「家康公を人間として成長させた武神」とまで言わせちゃってます。
【徳川家康】のホトトギスが鳴くまでの長い道のり!

家康さんがここで亡くなっていたら日本はどうなっていたのでしょう?
織田信長(おだのぶながさんも本能寺で亡くなりますし。
「関ケ原の戦い」が起こらず、豊臣(とよとみ幕府誕生ですかね。

病死が通説だが暗殺説もある

信玄さん53歳の時に、徳川軍と「野田城」で戦います。

勝つには勝ったのですが、信玄さんは喀血してしまうのです。療養はしていたのですが、やはり治らないということで、甲斐国へ戻ることにしました。
しかし、その道中で死去してしまうのです。

「結核」や「胃がん」が主な原因とされていますが、お洒落なエピソードも残されています。

野田城攻略の際に、文化人でも知られる信玄さんは、城から奏でられる美しい笛の音に聞きほれてしまいふらっと本陣を出てしまいます。
その時に敵に鉄砲で撃たれてしまったという伝説です。

ある意味伝説ですね。百戦錬磨さんがそんなドジ踏みますか?という伝説です。
しかし、世の中には完璧な人間などはいませんから、逆に真実味が出てきますかね。もしかして蓋を開けてみれば現実とはこういうものなのかもしれません。

さらに織田信長に毒殺された説もあります。
信玄さんが亡くなったのが、信長さんにとって物凄くタイミングがよろしかったらしいのです。本当にもう不自然なほどに。
足利将軍に信長討伐の命で京都に向かっている途中での事だったので、なお怪しさ倍増ですよね。

「武田vs織田」の戦いが起こっていたら、信長さんは本能寺の変の前に亡くなっていた可能性もありますからね。

もし信玄さんが生き続けていたら?

織田信長さんが信玄さんに倒されたとして、そうなると豊臣の天下も来なかったのではないでしょうか。

豊臣秀吉(とよとみひでよしさんが信玄さんに勝てるか?となると難しいでしょうし、しかしだからと言って、信玄さんが長生きしたとしても、その子が天下を取れる可能性もわかりません。
なら上杉さんの子は?てなると難しいでしょう。

それだけ信玄さんの世代の武将たちが強すぎたという話になってしまうのです。これこそまさに戦国時代ですね。
チャンスを逃さなかったものが天下を取れる時代だったんです

現実、そのチャンスを手にしたのが豊臣秀吉。

チャンスを待ち続けたのが徳川家康だったのです。

まとめ

信玄さんの死が戦国時代に大きな風を吹き込ませたのは事実です。

信玄さんも遺言で「わしの死を3年隠せ!」と残しています。自分の死がどういった事になるのか分かっていた風の遺言ですよね。すぐバレちゃったんですが。

まさに「鬼の如く」存在感で駆け抜けたお方でした。
「動かざること山の如し、存在感は鬼の如く」
「風林火山鬼」ですね。

余談ですが、日本で初めて「水洗便所」を使ったのは信玄さんです。実は綺麗好き?

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする