【千利休】茶道を極めた茶人が豊臣秀吉と喧嘩して切腹!?

千利休(せんのりきゅうさんと言えば「お茶の人」というのは誰もが知ってると思います。

「わびさび」という日本美意識の言葉もこの方です。

「わび」とは、不足している中からでも、満たしていこうという意味。

「さび」とは、ものの本質が時間とともに表に出てくるという意味。

現在にまで400年間も続く茶道の流派三千家(さんせんけもこの方からです。

お茶だけの人だと思っていたら織田信長(おだのぶながさんや豊臣秀吉(とよとみひでよしさんにも必要とされ、そして数々の戦国大名にも慕われていたお方なのです。

それでは千利休さんについて簡単に分かり易く紹介していきましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

千利休、簡単プロフィール

千利休生没1522年-1591年(1600年に関ヶ原の戦い)

本名は「田中」さん。珍しい名前の方には、実は本名は普通って人が多いですよね。憧れなのかな?

「利休」の名前は63歳頃から使っているもの。意味は「才能におぼれずに境地を目指せ」的なこと。すばらしい!

堺(大阪)の商人の家に生まれ、10代の若い時から茶の道に入ります。

50歳頃、織田信長さんの茶頭(さどうとなる。茶頭とは簡単に茶の師匠。教える人。

60歳頃の6月に、本能寺にて信長さんの自慢のコレクションを披露する盛大な茶会が催されました。
そしてその夜、信長さんは明智光秀(あけちみつひでさんの謀反により名茶道具と共に炎に散ったのです。

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉さんの茶人となり、政治にも関与するようになります。

63歳頃、秀吉さんが関白となり、天皇に茶をたてます。

利休さんはその場を取り仕切る役目を果たし、この時に天皇より「利休」の名を授かりました。

そしてだんだんと秀吉さんとの仲が悪くなっていきます。

70歳頃、ついに切腹の命が下り、死去。

戦国の世での茶の湯とは?

現代にも豪華な茶碗は存在しますが、当時の茶碗の価値は一国一城に値するものも存在し、今とは比較になりませんでした。

織田信長さんは政治の世界にも茶の湯を使っていました。

許可を与えたものにだけ茶会を催すことを許したり、褒美の際も高価な茶碗を利用していました。

家臣たちは、茶を励むことは信長さんに認められることにも繫がるので、利休さんの存在は俄然増していきますよね。

ある大名が名物茶釜を持っていました。

それを信長さんは是が非でも手に入れたかったのです。

その大名の城を信長さんは包囲し、「例の茶釜を差し出せば命を助ける!」と言います。

「信長には、首も茶釜も渡さん!」と言い返します。

そしてなんとその大名は釜に火薬を詰め自分の首に縛り付け爆死してしまったのです。

茶の湯は戦いの火種にまでなっていたんですね。

千利休と豊臣秀吉の関係

「日本一の茶人」を傍に置いておきたい秀吉さんと、「天下人の茶人」ということで全国にその名が知れ渡っていく利休さん。初めは良い関係を保っていました。

茶の湯が好きな武将たちはどんどん利休さんに弟子入りしていきます。秀吉さんの弟・豊臣秀長(ひでながさんや徳川家康(とくがわいえやすさんまでも。

温厚な人柄で人望もあった秀長さんは、政治にまで口を出す利休さんとそれに不満を持つ大名たちの間を取り繕っていました。

しかし1591年1月、秀長さんが病死してしまうと、秀吉さんと利休さんの関係はどんどん悪化していってしまうのです。

しかも利休さんに不満を持っていた大名たちも秀吉さんにあらぬ噂を吹き込みます。


秀長さんの死からたったの1ヵ月後、ついに利休さんは秀吉さんの逆鱗に触れてしまい、切腹を命じられてしまったのです。

千利休の切腹の理由!

・利休さんの像がお寺の2階に置いてあり、その下を秀吉さんにくぐらせた。
置いたのは利休さんではなかったらしいですが。

・安い茶道具を高額で売りさばいていた。
利休さんは、古い物の方が価値があるという考えを持っていたから。

・秀吉さんは利休さんの娘を側室にしようとしたが拒まれた。
父ならそう判断しそうではありますが。

・茶道に対する考え方の違い。
「黄金の茶室」を作ってしまうほど豪華絢爛の派手さを好む秀吉さん。

「わびさび」の考えで、質素なものを好む利休さん。

ある話で、「朝顔が美しいので茶会に来ませんか?」と利休さん。

満開の朝顔を想像していた秀吉さんだったが、行ってみると床の間に一輪だけ生けてあるだけだったのです。

「一輪だからこそ際立つ美しさ」と利休さん。これに秀吉さんはどう思ったのでしょう。

利休さんの茶室は2畳ほどで、しかも入口は狭く低位置にあったため、天下人であったとしても頭を下げて入るしかなっかったのです。

茶室の中では皆が平等であるという考えの利休さんでした。


・利休さんは徳川家康さんのスパイで、秀吉さんに毒を盛ろうとした。
その逆で、家康さんに毒を盛る命令をしたがそれを拒んだという説もあります。

秀吉さんの中には、利休さんが謝罪すれば許そうという考えがあったのですが、利休さんは謝罪せずに切腹を受け入れたのです。

利休さんの死後、秀吉さんは自分の行動を悔み続けたと言われています。

利休さんが死の直前に詠んだ句があり、内容は、

「平安時代に生きた菅原道真(すがわらのみちざねは濡れ衣を着せられ、死後学問の神になった。
自分も死んだら茶の湯の神になるのかもしれない。」

まとめ

千利休さんは多くの戦国大名たちに必要とされた人物でした。茶道の道を極め自分の考えを確固たるものとします。
その反面、多くの敵も作ってしまっていたんですね。

悲劇の死を遂げてしまいましたが、利休さんが残した茶道が400年も生き続けているのですから凄いことです。

もしあそこで利休さんが許されていたらここまで有名になっていなかったとも言われています。

死して「茶の湯の神」になれたのかもしれませんね。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする