【坂本龍馬】幕末のヒーローを暗殺した6つの説!!

坂本龍馬(さかもとりょうまさんと言えば、歴史ファンでなくてもその名前を知らない人はいないと思います。
数多くの本やテレビで主役に取り上げられ、歴史人気人物で1位、2位を争うようなお方。

でも、名前は知ってるけど「ブーツ履いてた人で、しゃべり方がなまってる人だよねー?」くらいの方も多いことでしょう。

ということで今回は、幕末のヒーローで人気も高い坂本龍馬さんについて、簡単に分かりやすく紹介していきたいと思います。

実は龍馬さんって現代になってから人気に火が点いただけで、江戸時代ではほとんどの人が存在さえも知らなかったんだって!?

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

坂本龍馬、簡単プロフィール

坂本龍馬生没1836年-1867年 (1853年、横須賀浦賀にペリー黒船来航。ここから「幕末」が始まります。)

0歳頃、生まれる前日に母が「龍」の夢を見る。

生まれた龍馬の背中には「のたてがみ」のような毛。

そして名前決定。漫画のような話だ。

17歳頃、1年間の江戸剣術修行。ペリー黒船来航。

20歳頃、2度目の江戸剣術修行。

26歳頃、土佐藩(現・高知県)を脱藩。脱藩は結構な重罪で、家族にかなりの迷惑をかけている。パスポート無しで海外に行くようなものですね。

徳川幕府の偉い人、勝海舟(かつかいしゅうさんの弟子になります。

開国派の勝海舟さんによって、龍馬さんは外国にとても興味を持つ。

29歳頃、日本で初めての商社亀山社中(かめやましゃちゅうを長崎に設立。

30歳頃、仲の悪かった薩摩藩(現・鹿児島県)と長州藩(現・山口県)の間に入って、薩長同盟(さっちょうどうめい」成立。

直後、京都伏見寺田屋(ふしみてらだやで役人に襲撃され、手に大けがをする。写真で手を隠しているのはそのため?

31歳頃、「亀山社中」を海援隊(かいえんたいに変え、再出発。

大政奉還(たいせいほうかん」なる。大政奉還とは、天皇から幕府が政治の実権を任されていたが、それを天皇に返すこと。江戸幕府がなくなったのです。

京都近江屋(おうみや、醤油屋ですね。龍馬暗殺される。死去。

龍馬は誰に殺された?

新撰組説

現場に新選組隊士の刀の(さやが落ちていた。帰りはどうやって帰ったの?刀剥き出し!?

刺客が「こなくそ!」と伊予弁(愛媛弁)を話した。新選組十番隊隊長・原田左之助(はらださのすけさんが疑われたのです。
新選組局長・近藤勇(こんどういさみさんはしっかりと否定しています。

紀州藩説

海援隊の蒸気船いろは丸に紀州藩(現・和歌山県)の軍艦明光丸(めいこうまる衝突

沈没したいろは丸には銃や金塊が積んでいたと龍馬さんは主張、紀州藩が賠償金を払うことになった。今にすると25億ほど

お金が支払われた1週間後に龍馬さんは暗殺された。紀州藩は根に持っていたのではないか?

現在いろは丸の調査をしたところ、銃や金塊は発見されていないのである。どういうこと?龍馬さんの嘘?

薩摩藩説

薩長同盟で長州藩との間を取り持った龍馬さんだが、幕府を武力で倒したかった薩摩藩としては「大政奉還」を成した龍馬さんが邪魔となった。

幕府なき後の新体制への意見でも龍馬さんとは合わなくなった?

「昨日の友は今日の敵」的な。

外国人説なんてものまである

戦争が起これば武器がたくさん売れるはずだったのに、「大政奉還」でそのもくろみが消えたから。取引が失敗したからって人を殺すとは思えないが。

共に暗殺された、中岡慎太郎説


龍馬と同じ土佐藩出身で薩長同盟のために共に走り続けた二人だったが、中岡さんもまた薩摩藩と同じ武力で幕府を倒す派だった。

そして薩摩藩の龍馬暗殺に利用され、最後には口封じで一緒に殺された?

逆に、中岡さんを殺しにきた刺客にたまたま一緒にいた龍馬さんが殺されてしまった。

という「ついで説」もあります。龍馬さんは実は脇役だったの?本当なら寂しい…。

ちなみに中岡さんは日本で初めて笑顔で写真に写った人と言われております。

かなりの笑顔の写真が残っています。

現代の感覚で見ると何も感じませんが、当時を想像しながら写真を見るとかなりすごいと思います。他にそんな方いませんから。

京都見廻組説


これが現在の有力候補。

明治以降になって元見廻組(みまわりぐみ隊士今井信郎(いまいのぶおさんが証言しています。

「坂本龍馬が何をしてどのような人物なのかは知らされておらず、ただ凶悪犯だということだけ聞いていた。

近江屋の2階の部屋に入ったあと、龍馬と中岡のどちらが龍馬なのかも分からないので、龍馬が身を隠すために使っていた才谷梅太郎の名を呼んだ。

才谷(さいたに先生お久しぶりです。」

「どこかであったかの?」

と答えた方を即座に切りつけた」と語っているのです。

その後大正時代に入ってから、別の元見廻組隊士が今井信郎さんとは違う証言をしているのです。ということで確証まではいってないんですね。

幕末のヒーローと言われる人間性

・龍馬さんの手紙は100通以上も確認されており、とってユーモアにあふれたものばかりなんです。

勝海舟さんの弟子になった時には、当時では珍しくカタカナで「エヘン、エヘン」と自慢げに書き締められていたり。
有名な龍馬さんの名言、「日本を今一度、せんたくいたし申候(もうしそうろう。」は姉に送った手紙の一文。例えがお洒落ですよね。

・当時のお侍さんは刀と草履を履いているのが普通でしたが、そんな時代に龍馬さんは銃を持ち、ブーツを履いていたのです。



・ある友人との会話の中で、長い刀が流行っていた時に「短い刀の方が使い易い」と言い。

次に会うと「刀は銃の前では役にたたない」と言い。

友人が銃を買ってまた会うと「世界を知らなければならない」と洋書を持ちながら言ったのです。

その友人は龍馬さんに追いつくことは出来ないと悟ったと言います。

龍馬さんは、勝海舟さんの弟子になってから亡くなるまでの5年間で世界半周の距離を走り回ったと言われております。船はありますが電車も飛行機もない時代にです。

・女性関係も多く、幼馴染との初恋や長崎の芸妓さんとの恋。

特に有名なのは、結婚相手のおりょうさんと許嫁の千葉さな子さんです。

お龍さんは、寺田屋で龍馬さんが役人に囲まれた時も、お風呂に入っていて裸同然のまま知らせに来たというお話は有名です。

その事件の直後に、龍馬さんとお龍さんが日本で初めて新婚旅行をしたのです。

お龍さんの晩年は、酒を飲んでは「私は龍馬の妻だった」が口癖で、亡くなる間際には「龍馬、龍馬!」と言い続けていたそうです。

千葉道場の千葉さな子さんは、龍馬さんが江戸に剣術修行しに来たときに出会い。婚約までしたといいます。

しかし再び出会うことはなく、さな子さんは龍馬さんの片袖を形見とし生涯独身を貫ぬきました。

さな子さんのお墓には「坂本龍馬室」と刻まれているそうです。切ないけど素敵です。

もし龍馬が殺されていなかったら!?

正直、何も変わっていなかったと思います

龍馬さんは全てをやり尽くしたのです。

新政府の役職に誘われても、「自分には合わないから」と断っていますし。

本当に「龍」や「馬」の如く駆け抜けた人生だったんです。

しいて言えば、海外に出て大成功するか、その海外文化を日本に持ち帰って大成功だと思います。

どのように考えてもあの行動力は大成功でしかなかったでしょう。

ヒーローとはそういう者なんです。

まとめ

今だ解明されていない龍馬暗殺の謎。

新しいことを切り拓いていく力と類まれない行動力。

ユーモアあふれる手紙の文面。

仲間から頼られるリーダーシップと、死してもなお女性たちから想われる人間性。

これこそが時代を超えて人気のある理由ではないでしょうか。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする