坂本龍馬の親友【近藤長次郎】の悲しい事件の真相!

今回は、幕末の時代を生きた1人の若者について紹介していきます。

近藤長次郎(こんどうちょうじろうさんを知っていますか?

江戸時代にはありきたりの名前っぽく、しかも同時代に新選組局長・近藤勇(こんどういさみさんという似たような名前の超有名人がいますから、近藤長次郎さんは負けてしまってます。

しかし、坂本龍馬(さかもとりょうまさんの事は誰もがご存知かと思います。そうです、天パの幕末の大ヒーローですよね。ブーツの人です。

そして、今回の近藤長次郎さんは坂本龍馬を主役にしたお話の場合、必ずと言っていいほど登場する人物なのです。もう100%近いです。100%と言いたいくらい。だけど100%にしてしまうと嘘になる可能性もあるので止めときます。

ドラマなどでは龍馬さんと長次郎さんは大の仲良しで描かれる事が多いのです。100%近く仲良しですね。もう100%です。それも合って、長次郎さんが亡くなる時は本当に涙ものなんです。

ということで今回は、坂本龍馬の大親友、近藤長次郎さんについて紹介していきます。

長次郎さんの死の真相に迫ってみたいと思います。

それではまいりましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

近藤長次郎とはどんな人?

1838年、土佐藩(高知県)の高知城下町で饅頭商人の息子として生まれました。子供の頃は「饅頭屋」と呼ばれてます。ドラマでも「饅頭屋!」って呼ばれてますね。こっちの方が有名かも?
坂本龍馬さんとは3歳ほど年下ですね。

子供の頃からとても頭が良く、土佐や江戸で勉学に励みます。土佐藩のお殿様にも才能を認められています。かなり優秀なお方だったんですね。

26歳頃、江戸幕府軍艦奉行(ぐんかんぶぎょう勝海舟(かつかいしゅうさんが作った神戸海軍操練所(かいぐんそうれんじょに龍馬さんと共に入ります。

勝海舟さんは、龍馬さんの師匠で外国に興味を持つきっかけをつくってくれた人物。江戸幕府の偉い人。

神戸海軍操練所は、船の扱い方などを習う養成所。

1年ほどで神戸海軍操練所は廃止になってしまうのですが、長次郎さんは龍馬さんと共に長崎で日本初の貿易会社「亀山社中(かめやましゃちゅう」をつくりました。

長次郎さんは亀山社中で船や武器の交渉役で大活躍します。もともと商人の息子ですからそういうことには長けていたんですね。
龍馬さんも「饅頭屋がいれば安心だ。」と言うほど信頼が厚かったのです。

しかし、そういった頃に事件は起きてしまったのです…。

悲しい長次郎事件!

長次郎さんは長州藩(山口県)に対して、軍艦ユニオン号の買い付けや、武器購入の手助けをし成果を上げると、長州藩のお殿様からも褒められ謝礼金をもらいます。

その時に出会った、長州藩士・伊藤俊輔(後の初代総理大臣になるお方)と井上聞多(もんたにイギリスの話を聞かされたのか、この時に留学を決意します。2人はイギリス留学経験者なのです。

しかし、ここで大問題!

なんと長次郎さん、亀山社中の同志たちに内緒で留学の渡航を決めます。しかもその資金は長州藩からの謝礼金!
亀山社中の運転資金ではなく自らの為だけに使おうとしてしまうのです。

しかし、皮肉なことに渡航当日、最悪の悪天候で出港は延期に、長次郎さんはずぶ濡れの状態で亀山社中の同志の元へ戻って来たのです。

もちろん皆に問い詰められました。

「何か計画している事があるならば、大小に関わらず皆に了承得なければならない!社中の規約を破ったのならば切腹して謝罪せよ!」

そして、謝礼金の着服もバレてしまい、長次郎さんは介錯人もなしに切腹してしまったのです。享年29歳でした。

龍馬さんは長州と薩摩の同盟のために忙しく、その場にはいなかったのです。

「わしがいれば殺しはしなかった…」と嘆いたといいます。

事件の真相は!?

ドラマなどの長次郎さんは、本当に龍馬さんと仲が良く、真っ直ぐな人柄で描かれます。

しかし、自らの留学のために亀山社中のお金に手を出したりと、イメージとは全くかけ離れた事件を起こしてしまいました。

本当の長次郎さんはどのようなお方だったのでしょう。

実は龍馬さんは、「わしがいたら殺させなかった」と言っている他に、「術数有り余って、至誠足らず。身を滅ぼす所以なり」といったことも残しているらしいのです。「頭は良いが、誠意はない。いつか身を滅ぼすだろう」的なことでしょうか。龍馬さんも実はこうなると分かっていたのかも?

長次郎さんは元々は商人の息子ですから、お金にはうるさかったのかもしれませんね。
「自分が稼いできたお金なんだから、自分で使って何が悪い!」という考えでも持っていたのでしょうか。

しかも、仲の良かった同郷の友人に岩崎弥太郎いわさきやたろうさんがいます。

この弥太郎さんは、後の三菱財閥創業者の凄いお方なんですが、子供の頃は本当に貧しかったと言います。勉学を頑張って出世したのです。

しかし、お金の使い方は荒く、こちらも使い込みなんてこともしちゃってるのです。こんなお方とお友達。

こういう商人の方達はお金に関して大胆だったりするのでしょうか?

やはりお金を儲けるためにはお金を使っていくべきですからね。

長次郎さんにもこういう考え方があったのかもしれませんね。

まとめ

坂本龍馬のお話には必ずと言っていいほど登場する近藤長次郎さん。

しかも最後は悲運の死として取り上げられ感動を呼びます。

しかし、真実は全く違ったところにありました。

けれどこれもまた歴史の中の仮説でしかないのです。

やっぱり坂本龍馬に信頼され、死を嘆かれた偉大な人物であってほしいと思います。

本当にドラマでは良い人なんだよなー。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする