武田信玄と上杉謙信の【川中島の戦い】は物語の部分もあった!?

川中島(かわなかじまの戦い」とだけ聞いても、いつの?誰と誰の戦い?なんて、コアな歴史ファンしか分からないかもしれませんね。

しかーし!

鬼の前立てと白い毛をなびかせた兜を被り、手には軍配、鬼の形相の武田信玄(たけだしんげん

白の頭巾と白い馬にまたがり、イケメン風で描かれることが多い上杉謙信(うえすぎけんしん
この2人が対峙する描写は誰もが見たことがあるでしょう。

永遠のライバルのように描かれる2人の関係は、何を隠そうこの「川中島の戦い」が舞台なのです。

なぜにここまで有名なのか?それは、あの強者揃いがひしめき合う戦国時代で1,2を争うほどの実力と人気の持ち主たちの戦いだからこそだと思います。織田信長(おだのぶなが徳川家康(とくがわいえやすも敵いません。

今回はその川中島の戦いがどのようなものだったのかを紹介していきましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

川中島の戦いが起こるきっかけ!

甲斐国(かいのくに(山梨県)の戦国大名・武田信玄はもちろん勢力拡大を目指します。

ということで、北の信濃(長野県)に侵攻。信濃国を上へ上へとどんどん攻略していきます。

そして信濃国の北、川中島辺りまで攻め込むと、ついに上杉謙信が登場してくるのです。

越後国(えちごのくに(新潟県)を治めていた上杉謙信は、北信濃を治める者たちと親戚関係でもあったため支援することになります。

川中島の戦いは、信玄さんは領地を拡大するため、謙信さんはそれを護るために戦ったのです。

12年もの間、5度も相まみえます。

川中島の戦いは、5度も起こりました。いわゆるこれがライバルと言われる所以ですかね。
ちなみにお互いまだ名前が武田晴信(たけだはるのぶ長尾景虎(ながおかげとらです。ちょっと分かりづらいので、信玄さんと謙信さんで行きましょう。

①第一回川中島の戦い。信玄32歳、謙信23歳。
武田氏vs北信濃・村上氏が戦っていたところ、村上氏が謙信さんに応援を願った。

武田vs上杉となるが、そこまで大きな戦闘にはならず、1ヵ月ほどでお互い兵を引きます。両者とも目的は果たせた戦い。引き分けでしょう。

➁第二回川中島の戦い。信玄34歳、謙信25歳。
信玄さんは戦国大名の今川氏と北条氏と同盟を組みます。
北条氏も謙信さんと戦っていましたので、同盟を組み一緒に戦おうとしました。

信玄さんと謙信さんの対立はさらに深まり、第二回が勃発しました。
200日余りもの長期、対陣し続けます。しかし今回も大きな戦闘にはならず、今川氏の仲介のもと和睦しました。今回も引き分けですね。

③第三回川中島の戦い。信玄36歳、謙信27歳。
謙信さんは戦い前に、神社で「武田氏滅亡」を祈願しています。今回はやる気です。
北条氏が信玄さんの加勢に来ました。信玄さんもやる気です。

しかし嵐の前の静けさか、今回も大きな戦闘にはならずです。

京で将軍・足利義輝(あしかがよしてるに一大事発生で謙信さんの力を借りたいと、今回は将軍の仲介で和睦しています。またまた引き分けでしょう。

四回目が川中島の戦いの本番!!

④第四回川中島の戦い。信玄40歳。謙信31歳。
今回の戦いが唯一大規模な戦いとなるのです。川中島の戦いと言えばこれを指すほどなんです。

妻女山(さいじょやまに布陣する謙信さんと、海津(かいず城の信玄さん。
戦い開始を主張する信玄さんの家臣たち、しかし謙信さんの強さを知る信玄さんは慎重です。

そこで家臣が策を練ります。隊を2つに割り、妻女山の上杉軍の後ろから奇襲をかけます。勝っても負けても上杉軍は山を下りてくるのでそれを本隊が待ち伏せする作戦です。
これは啄木鳥(きつつきが木を叩き飛び出す虫を食べる様から「啄木鳥戦法」と名付けられています。漫画のようなネーミングですね。当時は信じられていましたが、啄木鳥はこのような虫の取り方をしないそうです。

しかし謙信さんはその策を逆に見抜き、夜の霧のうちに山を下る。
午前8時頃、深い霧が晴れた時、居るはずもない上杉隊が目の前に現れ、武田本陣は総崩れ、武田重臣たちが相次いで討死します。

信玄さんと謙信さんのあの有名な相まみえるシーンはこの時なんです。

午前10時頃、武田別動隊が到着すると戦況は一変!今度は上杉軍が挟み撃ちとなり劣勢となります。

上杉軍は撤退を余儀なくされ、武田軍も午後4時頃には撤退します。死者の数7000人ほどの激戦でした。

お互いが勝利を主張していますが、「前半上杉、後半武田」といったところでしょう。ということで引き分けですね。

⑤第五回川中島の戦い。信玄43歳、謙信34歳。
今回は2カ月のにらみ合いのまま終了します。引き分けです。

結果、勝負は決していないのです。もうこれはライバル以外のなにものでもないですよね。

第四回川中島の戦いは物語の話?

残されている資料が軍記物語のみとなっているため、どこか誇張されてしまっている可能性があるのです。この時期、この地で激戦があったことは確かなんですが。

武田軍の「啄木鳥戦法」もそれを見破った上杉軍も創作で、実際は深い霧の中で両軍が偶然出会ってしまった「予期せぬ遭遇説」が結構有力候補なのです。現実とはこのようにシンプルなものなのです。

信玄さんと謙信さんが相まみえて戦うシーンも、お互いの記録に違いがあるのです。まあ一騎打ちは行われていたので良しとしましょう。しかし、それは信玄さんと謙信さんではなかった説もありますが…。良しではなさそうですね。

僧の天海(てんかいさんもこの川中島の戦いを目撃していたとのお話もあります。
天海さんとは、徳川幕府を徳川家康と一緒につくったとされるお方。織田信長が亡くなった本能寺の変を起こした明智光秀(あけちみつひでと同一人物ではないかともされているお方ですね。
【明智光秀】本能寺の変、5人の黒幕説‼︎そして謎の多い光秀の生涯

まとめ

人気のある出来事は物語のように脚色されてしまうことが多いでしょうね。

しかし、逆を言えばそれはいつの時代でも人気を博していたからに違いありません。誰もがこうだっただろう、こうなってたらいいななどの願望が膨れ上がるのだと思います。

歴史とはみんなで作ったきたものなのです。

史実とは変わるかもしれませんが…。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする