【北条政子】源頼朝の妻は悪女?その裏に隠された悲しい生涯!

北条政子(ほうじょうまさこさんは、「良い国つくろう鎌倉幕府」を開いた源頼朝(みなもとのよりともさんの妻です。

その頼朝さんが先に亡くなってしまうと、自ら幕府を引っ張り「尼将軍」と呼ばれるようになります。

妻としてはかなりの恐妻家であったとされ、「日本三大悪女」なんて呼ばれる一面もあります。悪女って…。

実際のところどのような女性だったのでしょう?

悪女と呼ばれた理由とは?

それではまいりましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

北条政子、簡単プロフィール!

1157年伊豆国(いずのくに(静岡県)の豪族・北条時政(ほうじょうときまささんの長女として生まれました。

時政さんは、平氏との戦いに負けて伊豆に流刑された源頼朝さんを監視するお役目でした。

20歳頃、政子さんは父の反対を押し退けて頼朝さんと結婚してしまいます。

監視していたにも関わらず、娘が結婚してしまうとか大問題ですよね。

政子さんと出会う前に頼朝さんは別の女性との間に男子を授かっています。

しかしその女性の父は、平氏の怒りを恐れ、子供を海に置き去りにしてしまったのです。

それほどまでに平氏を恐れていたということですね。

その後、2人の間に長女が誕生すると時政さんも2人を認め、北条家は頼朝さんを支えていくこととなります。孫にはおじいちゃんも敵いませんね。

そして、平氏との戦いや鎌倉幕府を開くことに妻として頼朝さんを支えていったのです。

しかし政子さん42歳頃、頼朝さんは落馬が原因で亡くなってしまいました。

頼朝さんの死後、政子さんは長男に家督を継がせ、自分は出家して尼になります。

しかし、その長男である2代目将軍、そして3代目が相次いで暗殺されてしまいます

政子さんは「尼将軍」として幕府を引っ張っていくこととなります。

65歳頃、朝廷が力を取り戻そうと鎌倉幕府に争いを仕掛けてきます。

幕府側の武士たちは動揺を隠しきれません。

そこで政子さんは家臣に向けて演説を始めるのです。

「みなさんの頼朝様への恩は山よりも高く、海よりも深いはずです。敵の戯言に耳を傾けず、将軍の意向を全うしてください。それでも朝廷側に付きたいのなら、行っても構わないですよ!」

これにより家臣たちの動揺は収まり、19万軍にまで膨れ上がった幕府軍は朝廷軍を撃ち破ったのです。

聞く者の心を動かす演説というものを、一度は聞いてみたいものです。

その4年後、69歳で死去しました。

政子の嫉妬深い性格!


政子さんがお腹に子を授かっている時、頼朝さんは浮気をしてしまいます

それに気付いた政子さんは、その女性を匿っていた家を壊してしまったのです。

それでも気は収まらず、その家の持ち主を流罪にしてしまいました。絵に書いたような「鬼嫁」ぶりですね。

他にも、頼朝さんはある姫を自身の側室に迎えようとしますが、姫の父は政子さんの怒りを恐れて実現させなかったお話もあります。

政子の「鬼嫁」がもう世間にばれちゃってます。

またまた政子さんのお腹に子がいる時に、再度頼朝さんは浮気しました。頼朝さん懲りてない。

その女性との間に子供が出来たのですが、隠されるように育てられ、7歳の時に出家させました。

当時としては正室以外に側室を迎えて子孫を増やしていくのが一般的ですが、政子さんはそれを許しませんでした。

そのため、頼朝さんは隠れるように女性のもとへ通っているのです。

政子さんも政子さんですが、頼朝さんも頼朝さんですね。

子供たちにどんどん先立たれてしまう!

・長女大姫(おおひめ
頼朝さんと対立していた源義仲(みなもとのよしなかさんとの和睦の条件として、義仲の子・義高(よしたかくん11歳と大姫6歳は結婚

しかし義仲さんは再度頼朝さんに敵対してきます。

その後、頼朝さんに滅ぼされてしまい、義高くん12歳もそのいざこざで亡くなってしまいます。
大姫はその悲しみから病気になり政子さんは大激怒、頼朝さん怒られちゃいます。

政子さんは回復を願い寺社に参拝したり、新たな縁談を持ってきたりしますが、病が回復することなく20歳の若さで亡くなってしまいました。

その2年後に頼朝さんも亡くなってしまいました

・次女・乙姫(おとひめ
頼朝さんの死の同じ年に重病になってしまいます。

京から鎌倉に名医を呼びますが回復せず、14歳の若さで亡くなりました

その医者が朝廷からの命で毒を盛った説があるんです…。

・2代目将軍・頼家(よりいえ
若い頼家さんの独裁政治に老家臣たちが反発。
数々の問題を起こしたり、蹴鞠(けまり遊びに明け暮れる毎日。

ついに政子さんに将軍職を剥奪され、伊豆の寺に出家させられてしまいました。

その後、23歳で暗殺されてしまったのです。

・3代目将軍・実朝(さねとも
実朝さんは頼家さんとは違い良き将軍でしたが、身体が弱く病気がち。

そしてなんと、28歳の時に、頼家さんの子供に暗殺されてしまったのです

政子さんは、頼朝さんや子供たちが亡くなる度に、自身も共に死のうと考えています。

とても心の弱いお方なのです。

まとめ

「悪女」といった一面は、将軍職に就いた子たちが次々と変死し、それに対して、実家の北条氏が力を付けていったためにそう呼ばれてしまったといわれています。

しかし、身内がどんどん先に亡くなり、最後は1人になってしまう辛く寂しい人生を歩みます。

頼朝さんへの嫉妬も、自分の心の弱さの表れだったのではないでしょうか。

政子さんは、少しも「悪女」と呼ばれる理由などないと言えますよね。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする