【平賀源内】発明家だけではなかった!?天才を発揮した10個の職業


当時ではかなり珍しかった、電気がビリリっと弾ける機械「エレキテル」で有名な平賀源内(ひらがげんないさん。

実際のところ作ったのではなく修理をした方ですが…。

それでもかなり凄いことをやってのけたのです。

長崎で手に入れ、壊れた「エレキテル」を説明書も無く、教えてくれる人もいなく、何に使う物なのかも分からない機械を7年の歳月をかけて完璧に修理してみせたのです。完成形が分からないのにすごくないですか!

そんな平賀源内さんの職業は、発明家だけではないんです。

並外れた行動力と天才肌を発揮していきます。

が、世間が源内さんの頭脳について来れず悩み苦しむ人生…。天才故の苦悩…。

生まれたのが早すぎたと言われる源内さんの数奇な運命について、今回は紹介していきます。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

平賀源内さん、簡単プロフィール

生没1728-1780 江戸時代中期、「暴れん坊将軍」こと8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむねさんや9代将軍の頃の時代ですね。

讃岐国(さぬきのくに(香川県)で足軽(あしがるの身分の家に生まれました。

11歳頃、神様の掛け軸の前に徳利を置けば、酔ったように顔が赤くなるカラクリを発明。大人たちを驚かします。

13歳頃本草学(ほんぞうがく(中国で発達した医薬の学問)、儒学、俳諧(はいかい(俳句の元)を学ぶ。

25歳頃、長崎の出島(でじま(オランダ貿易の玄関)で1年間、本草学、オランダ語、医学、油絵を学ぶ。
外国文化に影響された源内さんは、妹に婿養子を取らせ家督を放棄してしまいます

28歳頃、大阪、京都で学び、さらに江戸で本草学、漢学(中国の学問)を学ぶ。

2度目の長崎で、鉱山の採掘や精錬の技術を学ぶ。

30歳頃に高松藩(香川県)の家臣として働いていましたが、自由の利かない生活が窮屈になり、32歳頃に辞職。そして江戸へ。

その際、もう2度と自藩でも他藩でも、幕臣(武士としての仕事)で働けないと約束されてしまいます

同じ頃、「賄賂政治家」「開明的政治家」などなど賛否両論ある江戸幕府老中(ろうじゅう田沼意次(たぬまおきつぐさんやオランダ語を翻訳した医学書解体新書(かいたいしんしょで有名な杉田玄白(すぎたげんぱくさんと知り合いになります。

35歳頃、数々の本を執筆。洋書にも興味を持ちます。

38歳頃、奥秩父で鉱山開発を行う。石綿(いしわた(アスベスト)などを発見石綿は家庭用品、電気製品、建設資材で使われている耐久性、耐熱性に優れた物。

45歳頃、出羽秋田藩(秋田県)に呼ばれ、鉱山開発の指導、蘭画の技法を教える。

49歳頃7年の歳月を経て「エレキテル」の修理に成功する。

52歳、大名屋敷の修理を請け負う。

お酒を飲んでいるとき、修理計画書を盗まれたと勘違いして大工の棟梁2人を殺傷。計画書は自分が持っていたんです。
その罪で投獄され、1カ月後に獄死してしまうのです。

波乱万丈の人生とはこういうことですよね。

源内さん10個の職業

①元々は本草学者。
医薬の学者。

➁日本初の物産博覧会を主催。
江戸時代のまだ交通も発達していない時代に、全国各地から珍しい鉱物や薬草を集めて博覧会を開催。その際、プロモーションのためのチラシも自ら作っていました

第5回の博覧会では1300種の出品数で、イベント後には出品物の図鑑も出版。

③発明家。
日本初の万歩計「量歩計」を発明。

燃えない布「火浣布(かかんぷ」を発明。秩父山での石綿(アスベスト)を発見したことで作り始めた。

寒暖計(温度計)を発明。

磁針器。などなど…。

④日本初の毛織物業。
輸入に頼るしかなかった高級毛織物の国産化を目指し、羊の飼育から始めています。

⑤鉱山家。
金山の開発事業をする。しかし金は見つからず、秋田藩へ行き鉱山開発の指導をする。

⑥陶芸家。
長崎で陶磁器が高額で取引されているのを知り、自ら「源内焼」という陶磁器を作り、海外に売ろうと考えた。

⑦画家。
日本初の西洋画「西洋婦人図」を書きました。
ちなみに秋田藩で源内さんが西洋画を教えた弟子が後に、医学書「解体新書」の挿絵を描きました。

⑧作家。
風来山人(ふうらいさんじん」や「福内喜外(ふくうちきがい」のペンネームで書いた本が大ヒットしました。
現在でも歌舞伎化されているものあるそう。
おならについて書いた「放屁論」というものも…。

⑨日本初のコピーライター。
「土用の丑の日にうなぎを食べる」は源内さんが考えたもの。うなぎ屋は大繁盛。

歯磨き粉の宣伝ソングの作詞作曲も。

初詣の「破魔矢」を考案したのも源内さんらしいですよ。

⑩珍石、奇石などの仲買人。

晩年の源内さん

エレキテルもそうなんですが、人々が驚くのは最初だけで一瞬でブームは去ってしまいます。

どの職業も大成功とまではいかなかったのです。「ペテン師」なんて呼ばれたこともあります。

理想と現実のズレがどんどん自暴自棄となってしまい、そして投獄されてしまう事件を起こしてしまったのです。

エレキテル修復の偉業を達成したわずか2年後のことなんです。

書類上は死亡しているのですが、密かに牢から抜け出し、幕府の田沼意次さんに助けられたという説も残っています。

噂の話ですが…。

まとめ

類まれない行動力と実行力で「天才」、「奇才」と言われた源内さんですが、新しいものを世に認めさせることはとても難しいことでした。

もし外国で生まれていたら。

もし後の時代に生まれていたら。

生きているときに評価されていたのかもしれません。

しかし、何度失敗しても新しいことに挑戦し続けた源内さんの人生は、とても充実していたはずですよね!

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする