【天草四郎】島原の乱の若き16歳のリーダー!実は豊臣秀吉の孫だった!?

天草四郎(あまくさしろうさんと島原の乱はとても有名なツーセットですよね。

実際、島原の乱とはどのような出来事だったのか?

天草四郎さんとは何者だったのか?

紹介していきましょう。

※歴史上のことなので諸説あります。

スポンサーリンク
レクタングル大

天草四郎、簡単プロフィール

生没1623年?-1638年 (1603年江戸幕府が開かれる。)

1600年、関ヶ原の戦いで負けた小西行長(こにしゆきながさんの家来・益田甚兵衛(ますだじんべえさんの子として、熊本県上天草市(または長崎県)で生まれました。

小西行長さんも四郎さんの父も周りの百姓もみんなキリシタンでした。

子供の頃から学問を親しみ教養があったため、キリシタンたちの間では救世主と神格化されていたのです。

1610年頃の江戸時代初期、禁教令(きんきょうれい」が発令されキリスト教徒は迫害されてしまいます。

その時に国外に追放された外国人宣教師の予言が残されていました。

「25年後に天の子が現れ、キリスト教を再興するだろう。」

そして25年後の1637年、16歳の天草四郎さんを若き総大将として、日本最後の宗教戦争とされる「島原の乱」が開戦されたのです。

天草四郎さんは「天の子」として信じられていました。

いかにもキリスト教といったお話ですね。

島原の乱、開戦!

島原の乱とは、島原半島(長崎県)と天草諸島(熊本県)で、百姓たちの大名への不満がきっかけで始まった戦いです。

元々はキリシタン大名が治めていた地域のため、キリスト教徒が多く生活していました。

しかし、大名が変わりキリシタンたちへの迫害が強まったり、年貢を納める量が上がったりと、百姓たちへの負担が増えてしまっていたのです。

さらには、年貢を納められない者には拷問・処刑までも行うほどでした。

1637年、ついに耐えきれなくなった百姓たちは、天草四郎さんをリーダーに掲げ、島原半島にある「原城」に立てこもり幕府軍と戦うことを決意したのです。

島原の乱は心理戦?

島原の乱は、幕府一の切れ者とされる松平信綱まつだいらのぶつなさんと天草四郎さんの心理戦でもありました。

・原城の地下に穴を掘り、そこから攻め込む作戦。
天草軍はその穴に火などを投げ込み反撃。

・忍者を潜入。忍者!!!?
しかし、九州なまりやキリシタンの言葉が解読出来なかった。忍者ーー!!

・外国船を用意して原城を攻撃。
この狙いは、天草軍は外国からの援軍を期待していましたが、援軍は来ないから期待するのは止めろという心理攻撃でした。

・信綱さんは百姓への年貢の取り立てを減らすという手紙を天草四朗さんに出します。
それに対し、果物や饅頭を送り返しました。
こっちには食料はまだまだたくさんあるから「降参はしない!」という意味でした。

・武力で鎮圧したくなかった信綱さんは、天草四郎さんの母を捕らえ降伏嘆願の手紙を書かせましたが、これも失敗に終わったのです。

しかし数日後、信綱さんは天草軍の死体の胃を調べさせると、米粒はなく草の葉や海藻しか出てこなかったため、食料は無くなってきたのだと確信。ちょっと惨いですがこれも情報の一環です。

弱っていた天草軍に一斉攻撃をしかけ、討ち滅ぼすことに成功したのです。

和解を望んでいた信綱さんには苦渋の決断でした。

天草四郎さんは戦死

百姓たちも皆殺しにされてしまったのです。

キリスト教では、『来世も幸福になる』という教えがあったため、幕府軍は死者は蘇ってくるのではないかという恐怖があったのだと思われますね。昔の人はそういう事を信じそうですし。

島原の乱より1年後、あの有名な「鎖国」が始まります。長崎でしか貿易はしませんってやつですね。

キリスト教が広まることを恐れたのですね。

天草四郎の奇跡!

・盲目の女の子を治した。

・海の上を歩いた。

・お祈りをすると一羽の鳩が天から舞い降り、卵を産み、その卵から聖書が出てきた。

・枝に止まっているすずめにお祈りをするとすずめは動かなくなり、四郎さんはその枝とすずめを一緒に持ち帰った。

などなど…

トリックがあるようなものばかりですが、350年も昔にこのようなものを見せられたら誰でも信じてしまう気がします。

実際、この地域ではキリシタンは増加していき、島原の乱には3万7000人もの人々が参加しているのです。

やはり真実は、裏で天草四郎さんの父が、四郎さんを救世主として作り上げたのではないかという説もあるのです。奇跡という名のトリックを使って…。

天草四郎は豊臣秀吉(とよとみひでよしの孫だった?

1615年、豊臣家が滅亡してしまった「大阪の陣」が起こりました。

その戦いで自害したとされていた豊臣秀吉さんの子・秀頼(ひでよりさんが実は生き延びていて、船で薩摩(鹿児島県)に逃れていたのではないかという説があります。

事実、薩摩には秀頼さんの墓とされるもの残されていますし、大阪の陣の後、どこからか浪人たちが集まり住み着いた、という言い伝えも残されているのです。

そして、天草四郎さんが秀頼さんの子とされる理由は、

その時代に簡単に使えるものではなかったという「ひょうたんの馬印(うまじるし(大将の所在を示す旗)」が秀吉さんと同じものだったのです。

これに関しては、天草四郎さんが豊臣家と何らかの関係性があるという信憑性は高いですね。

さらにさらに、幕府軍が島原の乱の詳細を書き残した書物には、「天草四郎は秀頼の子だ!」という記載が残されているのです。将軍家は分かっていたのですね。

そして、幕府軍は豊臣家の血筋を根絶やしにするために、島原の乱を起こした者たち全てを皆殺しにしたのではないかとも言われているのです。

天草四郎は生き延びていた!?

歴史ではよくある「実は生きていた説」ですね。

立て籠っていた原城は海に面しており、お城の下から地下道が発見されたのです。

捕らえられていた四郎さんの母も、「四郎は南蛮かルソン(フィリピン)に逃げた…」と話しているのです。

当時フィリピンには、徳川家康(とくがわいえやすさんに追放されていたキリシタン大名が作った「日本街」がありました。

そして、そのキリシタン大名とは豊臣家の者でした。

豊臣家はフィリピンから巻き返しを図ろうとしていたのでしょうか?

まとめ

天草四郎さんをまとめると…

子供のころから教養があり、数々の伝説となるような奇跡を起こしていた。

それを見たキリシタンである百姓たちが天の子が舞い降りたと信じるようになっていく。

そして、天草四郎さんをリーダーとして不平不満が溜まった百姓たちが「島原の乱」を起こします。

しかし、実際戦いを指揮していたのは四郎さんの父や武士たちだったとされています。

やはり四郎さんは祭り上げられただけの存在だったのかもしれないですね。

この記事がおもしろかったら
いいね ! お願いします

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする